マイナンバーのアウトソーシングサービス

マイナンバーのアウトソーシングサービス

マイナンバーは社会保障と税金の分野、災害などの際に利用することができるように2016年から始まりました。
すでに住民票のある住所宛に番号が記載された通知カードが届いています。
この通知カードを使用して行政の手続きを行うこともできますが、この場合は本人確認が必要になります。



個人番号カードというものを発行することで本人確認も同時に行うことができるようになり、利用者も手間をかけずに手続きを行うことができるようになるのです。


それぞれの人がマイナンバーを持つようになり、その人が会社などで仕事を行う場合には会社に番号を申請しなければなりません。会社はその番号をもって社会保険や雇用保険などの手続きを行うことになります。通知カードしか持っていない場合は本人確認ができないことになるので免許証やパスポートなど必要になってきます。

しっかりとしたマイナンバーのアウトソーシングの情報が必要なタイミングで手に入ります。

本人確認ができた番号を会社は手続きに使用することになります。

会社としてはマイナンバーを管理する仕組みが必要になります。

それを最初から構築するためには知識やノウハウも必要になります。このような場合は専門に取り扱っている業者へ依頼するという方法があり、アウトソーシングといったサービスを利用するのです。アウトソーシングサービスなら自社で構築する必要はなく、マイナンバーの収集や管理までアウトソーシングのサービス会社で行うことができるのです。

専門に取り扱う業者なので安心して任せることができます。

YOMIURI ONLINEの基礎知識をご説明をしたいと思います。

  • 身に付けよう

    • 最近になって日本国民をしっかりと番号で管理したいという政府の思いからマイナンバーシステムが導入されるようになりました。多くの人たちはどんどんとこのシステムのメリットを享受できるようになってきており、例えば住民票を取得するときに、今までは市役所に足を運んでからきっちりとした書類を作成して順番待ちをしてからやっと発行されるといった一日仕事になることも多かったです。...

      detail
  • ビジネスコラム

    • マイナンバーが本格的に導入されたことにより、多くの企業ではその管理や運用に多くの時間を割いているのが実態です。そのためこれらの業務を効率化するためにシステム構築を行う業者が増えています。...

      detail
  • 知りたい情報

    • マイナンバーは企業で厳しく管理されることが求められており、仮に漏えいが発覚することになると、場合によっては懲役刑を食らうことになってしまいます。また、漏えいさせてしまった当事者はもちろんのこと、事業者も処罰されることになり、また、漏えいによる社会的信用の失墜など、漏えいすることで多くの犠牲を伴うことになってしまうため、その管理対策、特に漏えい防止に関する取り組みは急務となっています。...

      detail
  • ビジネスの特徴紹介

    • マイナンバーというのは2016年から開始された制度であり、社会保障の充実、公平で公正な社会の実現などを目的に開始されました。これまで行政の手続きは縦割りで行われていたことが多く、利用者はそれぞれ手続きをする際に申請資料を作成するなどの必要がありましたが、今後はこのような申請もマイナンバーによって利用者の負担も軽減され、行政の作業も効率化されることになります。...

      detail