子供が生まれた時のリノベーション

バナー

子供が生まれた時のリノベーション

アメリカでは子供が生まれた直後から一人の人間として扱うので、子供部屋が用意されています。子供は親から貸し与えられた部屋を自分で掃除など管理し、学校を卒業したら部屋を空けて独り立ちすることは多いです。

港区のリノベーションってとにかくお勧めなんです。

日本では子供部屋を早急に作る必要はないと考える人が多いので、小学校に上がるタイミングや受験勉強で遅くまで集中して勉強する時に設置します。



元々子供部屋を作っていない家庭では、それをきっかけにリノベーションを行います。

リノベーションで最も人気なのが、料理をしながら子供の様子も確認できる間取りです。
親が目の届くところで遊ばせたり勉強させたりすることで、作業効率も上がります。

よってキッチンとリビングをつなげる事例が多いです。また個人の部屋ができると、好きな物を部屋の中で揃えて、引きこもりがちになります。
それを防ぐのは親子のコミニュケーションなので、子供部屋をリビングを通った場所に作るなど家族同士が顔を合わせることが大切です。

リノベーションでは子ども部屋より、家族が集まるリビングに力を入れる傾向があります。

子供部屋に空間を有効に活用した収納棚を作ったり、遊び心のあるデザインにしたりすれば確かに子供が喜び成長をサポートすることができます。


しかしそれだけでは家族と一緒にいる心地よさを感じることができません。

よってリビングをより広くリノベーションして、小さいうちはリビングで伸び伸びと遊べる環境を作ります。



Copyright (C) 2015 子供が生まれた時のリノベーション All Rights Reserved.